若年性脱毛症の事を若ハゲと呼ぶの情報ページ

若年性脱毛症の事を若ハゲと呼ぶ

若年性脱毛症

まだ年齢が若いのに髪の毛が薄くなってしあう状態を若年性脱毛症、俗に若ハゲと呼んでいます。

 

20代から30代という年代の方に多く見られる症状ですが、早い方では10代の頃から既に髪の毛が少なくなってしまう状態になる方もいます。

 

髪の毛が薄くなる特徴としては額がM字に広がってきたり、頭頂部から薄くなっていくという現象が見られます。

 

これはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響によって過剰に皮脂が分泌されたり、髪の毛の成長が阻害されてしまうことが原因だと考えられます。

 

まだ年齢が若い方がジヒドロテストステロンの影響を受けてしまう原因として考えられるのはストレスによるものが大きいとされています。

 

10代の頃は学校や家庭環境、20代から30代は仕事などが大きなストレスを抱えてしまう要因となります。

 

過剰にストレスを感じることでジヒドロテストステロンが大量に発生してしまい、頭皮にも皮脂が大量に分泌されてしまいます。

 

余分な皮脂が毛穴に詰まってしまうことで髪の毛の成長に必要となる栄養が不足してしまい抜け毛が増える一方で、ジヒドロテストステロンの影響で新しい髪の毛の成長が阻害されてしまうことがどんどん髪の毛が薄くなってしまうことに繋がります。

薄毛の悩みを持っている人は沢山いらっしゃいます。特に男性の場合は薄毛の改善として、医薬品を内服するといったことが代表的な方法となるのですが、...

他にも生活習慣が乱れている人、朝シャンを毎日のように行っている人、整髪料やヘアカラーを頻繁に使っている人などは頭皮環境が悪化しているため若い...

育毛において、シャンプーというのは非常に重要なものになります。毎日シャンプーをして髪と頭皮を清潔な状態に保つようにするというのはもちろんです...

▲若年性脱毛症の事を若ハゲと呼ぶ 上へ戻る

若年性脱毛症の事を若ハゲと呼ぶ 先頭へ戻る