そばかすのケア方法に良いのは?の情報ページ

そばかすのケア方法に良いのは?

そばかすのケア

そばかす・・・、不思議なものと思います。子供の頃は、「可愛い!」って言われた記憶があるのですが。高校生になる頃には、邪魔者以外のなにものでもありませんでした。

 

男子生徒から、冷やかしの目で見られることでとてもイヤな思いをしたものです。外国映画やアメリカのファミリードラマでも、子供頃は可愛く映るそばかすですが、年齢を重ねると、決して喜ばれるものではないのでした。そんなことから大学に入学をしたことを機会に、そばかすを消したいといろいろ方法を考えるようになったのです。

 

メイクをして誤魔化すことも考えたのですが、スッピンとの差が激しくこれではいけないと思うのでした。化粧が濃くなり、キャバ嬢かと間違われるまでになってしまい困っていました。そんな化粧が濃いことは、ダメと思い次に努力したのが、ハイドロキノンを使っての方法です。

 

メラニンを薄くすることが出来ると言うことで、かなり頑張りました。ただこのハイドロキノンの使い方、結構難しいものでもあったのです。あまり濃いものを使うと肌に炎症を起こしてしまったり、かぶれなどの症状も起こしてしまうのです。かと言って、薄くしても効果が見えて来ないのでした。

 

そこで私は、医師と相談することにしました。どの程度まで許容範囲があるのかを、キチンと知りたかったのです。そのことで効果的なハイドロキノンを使うことが出来るようになったのです。おかげさまで、綺麗になった私。

腸内環境を改善させることは、すなわち体全体を改善させることにつながります。弛緩性便秘でもお腹の筋肉など奥のほうが働きにくいのでお腹を温めると...

便秘対策のデトックスティーに配合されていたりすることが多くなってきたため注目度が上がってきました。キャンドルブッシュは黄色したのが特徴で、熱...

ポリフェノールが豊富な果物などは便秘解消にも良いと言われていますが、鉄分とカリウムや食物繊維が豊富なバナナは良いと言われています。また簡易的...

便秘には体操が良いと言われていますが、特に一番向いているのが骨盤体操です。体操なのでウォーキングとかジョギングなどと違うのは自宅でスペースが...

黒酢にんにくを利用したら、本当に嬉しい効果が沢山ありました。皆さんにもぜひ利用してもらいたいです。黒酢もにんにくもどちらも健康に良い効果があ...

不飽和脂肪酸としての栄養素でもありますが、飽和脂肪酸とちがって体温などの温度では固体化しないのが大きな特徴です。飽和脂肪酸は肉類の脂肪ですが...

保水力が下がっていくということは真皮にあるヒアルロン酸がなくなってきてしまうということがあるようです。肌のバリア機能が低下すると外部からの刺...

▲そばかすのケア方法に良いのは? 上へ戻る

そばかすのケア方法に良いのは? page top